-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-01-21 Sun
燃費について
 フェラーリに乗っていると周りの人から必ず聴かれる事があります。
 『リッターどれくらい走るの?』 です。

 私が『高速を使わないで6km/Lくらいです。』と答えると『そんなに走るの』って驚かれます。
 聴く人には『フェラーリって燃費悪いんだろうなぁ』という先入観があるんでしょう。

 この間満タンまで 50.8リットル給油した時の走行距離は
mtrip382

 ちょっと見辛いですがトリップメーターは 382.0kmです。
 つまりこの区間の実燃費は 7.52km/Lです。
 使用パターンは、時間で言うと首都高速道路と一般道が半々くらいです。

 私にとってフェラーリの燃費が良い事って違和感は無いんですよ。

 私の車はインジェクションで燃料を噴射しています。エアフローメーターと排気系のO2センサーが在って燃料の噴射量はコンピュータで制御されています。
 最も燃焼効率が高く、また、三元触媒で排気ガスを浄化する為に混合気を理論空燃比約14:1にコントロールする為です。これは国産車と同じです。
 あとは動かす車体の重量と、エンジンの排気量と使用回転数で決まる総排気量で基本的な燃料消費量は決まります。
 熱力学第2法則として習った様に『エネルギー総量は保存』されます。

 燃費を悪くする要因はロスファクター(抵抗)です。
 具体的に言うと『エンジン内部の摩擦抵抗』『走行抵抗』『駆動系のロス』『環境要因』『使用状況』です。
 環境要因と使用状況は、渋滞やつい高回転で使ってしまうなど車以外の要因です。

 まず大パワーを発生するエンジンは燃焼効率が高く大きなトルクを発生させます。
 高回転までストレス無く回るエンジンは内部抵抗が小さく出来ています。
 そしてミッドシップレイアウトはプロペラシャフトが無く全て歯車で動力を伝達する構造なので駆動効率は高いです。
 また、私の車の車重は1400kgしかありませんし空気抵抗も小さいですよ。
 そう、フェラーリはロスファクターが少ないエコカーなんです。高回転を使わなければという条件付ですが。

 燃費が悪くなるのは道路の渋滞と、高速道路でも2,3速で走ってしまう使い方です。
 また排気バルブやスロットルを大開度で開け、空燃比がリッチに振れる使い方をすれば更に悪くなります。
 高回転域の音や加速感が魅力的な車だから仕方がないんですけど。
スポンサーサイト
別窓 | 車のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プチ大黒オフ | caraboの徒然日記 | 走り初め!プチ湾岸ドライブ>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| caraboの徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。