-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-05-04 Fri
ちょっとしたこだわり
 私は車や時計にはこだわりがありますが、服などファッションには余りこだわりがありません。
 優れた機能のあるデザインかどうかと言う風には見ますけど。

 服といえば普段は動き易いジーパンを愛用しています。
 ジーパンと言えばリーバイスが有名ですが、少なくともF348に乗る時のジーパンといえばLeeにこだわっています。ちょっとだけですが。

070504-01

 リーバイス(以降LS社)は炭鉱労働者の作業着として生まれた丈夫な服であるのに対して、Leeはカウボーイ様に創られた服なんです。

 『やはり馬や牛に乗るんだからカウボーイ用のLeeだろう』と言う思いであります。
 キャステルオートの代表もLeeを穿いていたのが嬉しかったり。


 冗談はさておき大切なのは機能です。

 実は生地から違います。
 LS社は丈夫に作るためゴワゴワした厚手の生地(確か昔のはパラシュートと同じ生地)を使っているうえ、ポケットに補強用のリベットが打ってあったり、後ろのポケットも5角形でしかもステッチで角が補強されている。
 もろこし屋さんにジーパンで行くと、皮が傷むから展示車のシートに座らせてくれないという話も良く聞きました。

 それに対してLeeは、馬の皮膚や鞍を傷つけないように柔らかくしなやかな生地が使われています。
 それだけでも動き易く履き易いんです。
 前側ポケットには補強用のリベットが打たれていますが、突起は削られ平らになっています。これはロープや手綱などが引っかからないようにという機能のためです。
 後ろのポケットはLS社の様な5角形ではなく鞍を傷つけないようにという配慮から角を取った逆釣鐘型で金属リベットも使われていません。
 リベットを使わない代わりに『×ステッチ』でポケットを補強しています。

 最も特徴的なのは右後ろのラベルにもベルトが通るようになっていることですか。
 これも投げ縄を固定する為ベルトにロープを通しても簡単に千切れない為の補強を兼ねています。
 ラベルにウェストサイズが書かれていないってのも良いんです。

 こういう歴史的背景と機能に裏付けされたデザインを見ると、理屈っぽい私はちょっとこだわりたくなります。

 結局、馬に乗るならカウボーイ気分でLeeでしょう。

 ただナカナカ売っていないんですよね。
 私がLeeを買う行き付けの店があります。
 京急杉田駅ビルの2階にあるTOPというお店です。
 ジーンズやデニムではなく、『ジーパン』にこだわる変なオヤジさんがやっている店です。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やっぱり時計が好き | caraboの徒然日記 | 懐かしいな・・・NISSAN R390-GT1>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| caraboの徒然日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。